カテゴリー

ロフト多めの3W活用法

最近は3Wでもロフトのバリエーションが多いモデルが目につきます。

弾道の高さに不安がある人は多目のロフトを選択して、確実なキャリーで打っていけるヘッドを選んでいます。

しかし、ロフトが多いといってもヘッドの構造などによって弾道は様々。

飛距離性能を重視したモデルの場合、打ち出し角度を確保できて少な目のスピン量となるので期待していたものより飛ぶクラブに仕上がることがあります。

少し前のモデルですが、こちらの3HLで17度のヘッドに

このシャフトを装着しました。

ロフトが多いのでボールを上げようとしなくても上がる安心感があり、キャリーの大きい弾道が得られました。ボールの高さに不安があるけど、少しでも距離を稼ぎたいという方はこのようなセッティングを試す価値があると思います。

この「ファイアーエクスプレス FW Type-D」はフェアウェイウッド専用モデルで、「ティアップしない状態から打つときでも、ミート率を落とさない範囲でヘッドを走らせる」というコンセプトで開発されたフェアウェイウッド専用シャフトでも飛距離重視のシャフトです。

詳しくは製品ページをご覧ください。http://www.compo-t.x0.com/products/wood/fireex_FWtypeD.html

「ファイアーエクスプレスFW Type-D」はコンポジットテクノ レンタルクラブサービスで全スペック用意しています。レンタルクラブサービスは、お客様のお手元にクラブをお届けしますので、いつも行く練習場やコースで試すことができます。ぜひご利用ください。http://www.compo-t.x0.com/rental/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする